学習とチュートリアル

Azure Dream Studioでは、コンピュータサイエンスのトレーニングやチュートリアルを提案しています。

31 [Converti].png
-

コース、トレーニング、チュートリアルの違いは何ですか?

 

チュートリアルは、特定のタスクを実行する方法を示すためだけのものです。チュートリアルに沿って操作すれば、よくわからないまま再現することができます。ネット上にあるチュートリアルのほとんどは、どちらかの説明を提供していますが、それは常にターゲットを絞ったもので、アプリケーションの原理を完全に理解することを目的としたものではありません。それは、実行の方法を教えるだけです。

 

 

コースの目的は、与えられたテーマを、応用の原理を十分に理解した上で学ぶことです。ここでは、正確なタスクを学ぶのではなく、テーマを深く理解することが重要です。コースは方法だけではなく、知識や理解も提供します。

 

 

トレーニングコースとは、あるツールや広範なテーマを学び、理解するための一連のコースのことです。また、1つまたは複数のチュートリアルを含むこともできます。これは良いことでもあるのですが、トレーニングコースはチュートリアルだけで構成されることはありません。もし、チュートリアルだけで構成されたトレーニングコースに参加するとしたら、それはそのトレーナーの役割が非常に悪く、彼ら自身がテーマや自分の役割を理解していないことが原因です。

 

 

 

チュートリアル」という言葉は、広く間違って使われています。集合的無意識の中では、チュートリアルはコースなのですが、それとは関係ありません。

 

 

もしあなたが、完全に自律的で効率的になるために、学びたい、理解したいという意欲を持っているのであれば、コースやトレーニングは必修です。

 

 

しかし、やる気や関心がなく、単に特定のタスクを達成することが目的であれば、そのコースやトレーニングは適切ではありません。チュートリアルを利用する

 

 

なお、「やる気がない」「参加していない」ということは、卑下することでも、恥じることでもありません。このようなモチベーションの低下や関与の欠如は、さまざまな要因(疲労、個人的および仕事上の制約、嗜好など)から生じます。

 

 

やる気はあっても時間がないという方は、チュートリアルを受けて、後でコースやトレーニングでテーマを深めるという方法もあります。 これも悪い方法ではありません。

 

 

 

それは、あなたの関与の度合いによります。

 

 

 

 

 

 

 

-

チュートリアル、コース、トレーニングは何を基準に選べばいいのでしょうか?

トレーニング、コース、チュートリアル